FC2ブログ
 
■プロフィール

社会福祉法人 紫水会

Author:社会福祉法人 紫水会
わたしたち紫水会は、高齢者の皆様が人間としての尊厳を守られ、心豊かに、そして健康寿命をできるだけ長く保たれることを願い、ご家族が子ども達が安心して地域に暮らし、成長できる社会を目指し設立されました。

■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

紫の郷 そばうち♪
こんにちは。オーネスト紫の郷の加藤です。
引続き12月29日に行った「そばうち」の様子を紹介させて頂きます。

前日のもちつきに続き、催しがこの時期は目白押しです。
年末はどこのご家庭でも忙しかった事と思います。もちつき・年越しそばの準備などは年越しの雰囲気が味わえる事もアリ、毎年恒例の行事として実施しています。

この企画も実際に入居者様の目の前でそばの準備をします。下の写真のように目の前でそば粉を捏ねるところから初めていきます。今回も厨房のスタッフが中心となり捏ねたり、打ったりと活躍してくれました。
昔のことを思い出しながら、また年末の雰囲気を思い出しながらスタッフの捏ねる作業をみて過ごされています。

食べ易い硬さにするには水加減が大事でとても難しいそうです・・・。

捏ねて形になるといよいよそばの形に細く切っていきます。
少しずつ形になっていくにつれて“食べたい”という意欲が湧いてきます。

細く切ったところであとはキッチンで茹でて食べられる状態にしてお出しします。

目の前で準備したものが、出来立てで食べられる喜びを一緒に感じられる企画をこれからも立てていきたいと思います。

20140108 紫の郷 そばうち1
20140108 紫の郷 そばうち2
20140108 紫の郷 そばうち3


オーネスト紫の郷 | 19:45:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
紫の郷 もちつき大会!
こんにちは。オーネスト紫の郷の加藤稔です!
今回紫の郷の紹介として、12月末に行ったもちつき大会の様子を紹介させて頂きます。

この日は朝から雪が降り、今年一番の冷え込みでした。そんな景色を背景に午前・午後ともちつきを行いました。
入居者様の大半は昔、この時期に親戚・ご近所が集まり、もちつきをした記憶があると伺ったこともあり毎年恒例の行事として実施してきまして、今年で4回目を迎えます。

もちつきを実施する前には、軽く体操をし、まずは体をほぐします。
そして、いざッ!もちつきの、始まり~ッ!
普段車椅子で過ごされている方も、本物の臼・杵を見ると、気合充分!車椅子から立ち上がり「よいしょー!!」と掛け声をかけながら一生懸命おもちをついてくださいました。
特に男性の入居者様は力強くもちをついてくださり、昔の頃を彷彿そさせるようなそんな気合を感じました。
ちょうど面会にきて下さったご家族様にも参加してもらい、入居者様と一緒にもちつきをしました。

もちつきが終わると今度はおもちを召し上がります。
おもちを小さめに作り、ぜんざいにして食べました!
みんなでついたおもちを思い出しながら食べることで、ただ出されたものを食べる感覚よりも、喜びが少しでも大きくなり、達成感を感じることでまた食べる楽しみを感じてもらえるよう、これからも入居者様と一緒に考えていきたいと思っています。

20140108 紫の郷 もちつき大会1
20140108 紫の郷 もちつき大会2
20140108 紫の郷 もちつき大会3


オーネスト紫の郷 | 19:43:14 | トラックバック(0) | コメント(0)