FC2ブログ
 
■プロフィール

社会福祉法人 紫水会

Author:社会福祉法人 紫水会
わたしたち紫水会は、高齢者の皆様が人間としての尊厳を守られ、心豊かに、そして健康寿命をできるだけ長く保たれることを願い、ご家族が子ども達が安心して地域に暮らし、成長できる社会を目指し設立されました。

■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

内部研修会 嚥下のメカニズムと食事支援
皆さんこんにちは、桃花林の機能訓練指導員の森園です。

オーネスト桃花林では昨年より『食事支援』の考え方や技術および環境整備の向上を目指して野呂施設長を中心に食事委員会を立ち上げ、様々な取り組みを行ってきました。そして本年度(平成26年度)はさらにその取り組みを全施設職員に広げることを目的として生活サポート委員会を新たに立ち上げ内部研修会を定期的に開催することになりました。今年度の研修テーマは”介護力で防ぐ誤嚥性肺炎への取り組み”で、4月に第1回目の研修会を開きました。第1回目の取り組みは誤嚥性肺炎の理解・嚥下のメカニズムの理解・食事支援(食事介助)の理解でした。嚥下の仕組みや誤嚥性肺炎についての講義の後、食事介助は実際にベットや椅子の状況を再現して行いました。ただしこの研修のポイントは”体験”です。職員には常に入居者様や利用者様の視点に立った支援を心掛けてもらうために、この日のメインは支援される側の体験です。ベッドや椅子に座って実際に食事介助してもらい嚥下を体験してもらうことで、絶対にやってやはいけない”介護者が立ったままでの食事介助”や、必ず行うべき”利き手側の横に座って下から食べ物を口に運ぶ”
などの食事支援を講義だけで理解するのではなく、身を持って体験してもらい理解を深めてもらいました。

嚥下:食べ物を飲み込むこと
誤嚥性肺炎:食べ物などが誤って気管に入って起こる肺炎

20140509 桃花林 嚥下のメカニズム



オーネスト桃花林 | 11:12:57 | トラックバック(0) | コメント(0)
4月のおやつ企画(おこしもの)
 皆さん、こんにちは。
 鳴海の管理栄養士 下春です。

  4月のおやつ企画は、おこしものを利用者様と一緒に作り、蒸しておやつで砂糖醤油をつけて
 召し上がっていただきました。 
 *先ず、おこしものとは、愛知県で桃の節句に米粉をお湯で溶いて練り、団子を作り、木型にはめ
 型から抜いた素朴なお菓子です。
 私は子供の頃、祖母と毎年作り、蒸し上がったおこし物に砂糖をつけて食べるのが楽しみでした。

  利用者様の中には、懐かしく思い出したように率先しておこし物を作ってくれる方、
 知らないと言いながら楽しく作っていただいた方、彩りよいおこし物が沢山できました。
 おやつで召し上がっていただいたのですが、蒸し時間が少し足りないせいか、硬い物もあり
 残念なこともありましたが、「硬いけどおいしい。」「綺麗だね。」「また、作ろうね。」って。
 自分で作ったおこし物の味は、格別ですよね!!

20140509 鳴海 4月のおやつ企画1
20140509 鳴海 4月のおやつ企画2


オーネスト鳴海 | 11:08:46 | トラックバック(0) | コメント(0)
4月調理師 企画(にぎり寿司)
  はじめまして、鳴海の調理師 岩田です。
 調理師企画は、3人で毎月担当を決め、この日は、調理師・栄養士全員で取り組み、
 毎月の1大イベントになりつつあります。
  
4月の調理師企画として、利用者様から食べたいと希望№1の’寿司’を召し上がっていただこうと
企画いたしました。
 えび・あなご・たまご・かに棒、なすの漬物5貫を握りました。
  私たち調理師主導で、各フロアーに上がり、利用者様にお替りを選んでいただき握りました。
 みんな大好物なので、ホント大好評、何貫もお替りされている方が何人もみえ、お腹一杯になっていました。日頃、食事量が少ない方が「おいしい!!」と満願の笑顔が印象的でした。
 *利用者様(特養・デイサービス・ケアハウス)・職員とも満足な1日でした。

20140509 鳴海 にぎり寿司1

20140509 鳴海 にぎり寿司2

20140509 鳴海 にぎり寿司3


オーネスト鳴海 | 11:03:23 | トラックバック(0) | コメント(0)