FC2ブログ
 
■プロフィール

社会福祉法人 紫水会

Author:社会福祉法人 紫水会
わたしたち紫水会は、高齢者の皆様が人間としての尊厳を守られ、心豊かに、そして健康寿命をできるだけ長く保たれることを願い、ご家族が子ども達が安心して地域に暮らし、成長できる社会を目指し設立されました。

■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

11月13日 「あなたもなの?あら、同じもの食べてるのねー。」
オーネスト波の花 4階グループホーム所属 ユニットリーダーの舛田です。

皆さん、「施設ではどんな食事が提供されているか、ご存知ですか」

施設では厨房を中心に入居者様の食事について味や見た目、食感など様々な工夫をしています。

今回、波の花全体で、ソフト食やブレンダー食という食事形態で召し上がっている入居者様にお声かけし、

5階喫茶室で大テーブルを囲い昼食を提供させて頂く企画を立てました。

お食事メニューは、

「ご飯、チキン南蛮漬け、白菜の煮びたし、コールスローサラダ、吸い物、バナナ」です。

職員も入居者様と同じ形態のものを一緒に食べましたが、

チキン南蛮はソースの胡麻油がよく効いていて、まるで胡麻豆腐の様で美味しかったというのが職員の感想です。

また入居者様からは白菜の煮びたしは噛んでいくと段々と味がしっかりと感じられましたという感想も頂きました。

果物は甘みがしっかりとあるのでムースやブレンダーにしても味は美味しくデザートとしての役割をしっかりと

果たしているようで職員も安心しました。デザートはやっぱり美味しく頂きたいものですよね。

ご飯も日常では炊き込みご飯や、朝食に漬け物のブレンダーがついたりと味の変化は持たせていますが、

味のバリエーションを増やしていけたらいいね。と職員、入居者様の双方から意見が伺えました。

いつもと違う雰囲気の中、同じ形態の方が集まることで食べる気持ちを共有することが出来ました。

「どのような形態になっても美味しい食事が食べたい」という、相手の視点になって考えるよい機会となりました。

この姿勢を忘れずに日々の介護をしていきたいと思います。

20191209波の花1113食の会②
20191209波の花1113食の会②
20191209波の花1113食の会③
20191209波の花1113食の会④


オーネスト波の花 | 17:15:18 | トラックバック(0)