FC2ブログ
 
■プロフィール

社会福祉法人 紫水会

Author:社会福祉法人 紫水会
わたしたち紫水会は、高齢者の皆様が人間としての尊厳を守られ、心豊かに、そして健康寿命をできるだけ長く保たれることを願い、ご家族が子ども達が安心して地域に暮らし、成長できる社会を目指し設立されました。

■最新記事
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

認知症カフェ「さくらカフェ」紹介
オーネスト名城、施設長の佐藤です。
現在、紫水会では地域貢献の一環として、地域の方を対象とした認知症カフェを開催しています。
オーネスト名城では毎週第3日曜日に「さくらカフェ」という名称で開催しています。

認知症カフェという言葉を初めて聞かれる方もみえるかもしれませんが、認知症カフェとは、認知症の方やその家族、地域の方々、介護や福祉の専門家が気軽に集まり、介護の悩みなどを語り合う場として2000年頃から各地域で広がっています。
先日も家族の方が、お茶を飲みながら日頃の悩みを話すだけでも少し気持ちが楽になると言って下さいました。
自宅で介護をされている家族の方が少しでもリラックスできる場になればいいねと職員で話しています。

認知症カフェでは、地域の認知症サポーターを増やす取り組みとして、認知症サポーター養成講座も同時に開催しています。実は、今回の養成講座には当施設に入居されているAさんという方から参加の希望がありました。
1時間半の講義がある為、職員としては不安もあったのですが、しっかり講義に参加されて講座修了者だけがもらえるオレンジリングを手にされました。
Aさんもオレンジリングを取得できたことが嬉しかったのか、毎日腕にリングを巻き、職員に見せて下さいます。(写真でAさんが左手にはめているのがオレンジリングです)

次回、オーネスト名城の認知症カフェ「さくらカフェ」は3月20日(日)開店予定です。皆様の参加をお待ちしております。

20160226 名城 認知症カフェ


オーネスト名城 | 15:23:21 | トラックバック(0)